キャットタワー専門店Mau > 商品一覧 > タワーのタイプで選ぶ > 段ボールタワー

段ボールタワー
段ボール製キャットタワー
キャットハウス

段ボールタワー

段ボールタイプ

国産強化段ボールのキャットタワー、キャットハウス、お城など。
環境に配慮したSDGsな商品です。

5 件中 1-5 件表示 

猫の木
おすすめNEW!!
  • 送料無料
  • 据え置き
  • 大型猫
  • 多頭飼い

背の高ーい猫の木を国産強化段ボールで作りました。シャ・アーブル150 猫の木

販売価格35,200円(税込)

すごく大きな木でインテリアにインパクト大!安全安心な資材のキャットタワー。

拡大
猫の木
安心安全な資材のキャットタワー
おすすめNEW!!
  • 送料無料
  • 据え置き
  • 大型猫
  • 多頭飼い

すごく大きな木でインテリアにインパクト大シャ・アーブル170 猫の木

販売価格46,200円(税込)

すごく大きな木でインテリアにインパクト大!安全安心な資材のキャットタワー。

拡大
安心安全な資材のキャットタワー
安心安全な資材のキャットタワー
おすすめNEW!!
  • 送料無料
  • 据え置き
  • 大型猫
  • 多頭飼い

バルコニー付き3階だてのお城!フェリーチェ

販売価格35,200円(税込)

バルコニー付きの3階建てのお城!飾ったり、色をぬったり、自分だけのお城♪

拡大
安心安全な資材のキャットタワー
ラージセブンルームズ
NEW!!
  • 送料無料
  • 据え置き
  • 大型猫
  • 多頭飼い

人気のセブンルームズが大きくなりました!ラージセブンルームズ

販売価格19,800円(税込)

安全安心な資材のキャットタワー

拡大
ラージセブンルームズ

セブンルームズ
NEW!!
  • 送料無料
  • 据え置き
  • 大型猫
  • 多頭飼い

安心安全の優しい素材のキャットタワーセブンルームズ

販売価格18,150円(税込)

安全安心な資材のキャットタワー

拡大
セブンルームズ

5 件中 1-5 件表示 

 

猫は段ボールが好き?

 

通販などで愛猫のためにおもちゃを買うと、おもちゃよりも梱包されていた段ボールに愛猫が夢中…なんて経験はありませんか? 飼い主さん的には「おもちゃを使ってよー!」とも思いますが、満足そうに段ボールに入っている愛猫を見ると、なんとも癒されてしまいますよね。

 

そもそも猫は、本能的に身を隠せる狭くて薄暗い場所が好きな動物。段ボールはその条件にぴったりと当てはまります。 また、いつも段ボール製の爪とぎを使っている猫の場合は、段ボールの程よい研ぎ心地を覚えていて思わず入ってしまう、ということもあるでしょう。

 

段ボールを使って手作りのキャットハウスをdiyする方もいらっしゃるほど、段ボール製のグッズは猫に大人気。段ボールは猫にとって落ち着けるベストプレイスなのです。

 

段ボール製キャットタワー・ハウスのメリット

 

◆メリット@組み立てが簡単&コンパクトに収納できる

 

通常キャットタワーで使用するような六角レンチ・ドライバーなどの工具は不要。説明書通りに段ボール同士を組み合わせるだけなので、組み立てはとても簡単です。

 

また、組み立てを崩せば平らな状態になるので、使わない時はコンパクトに収納することができます。

 

◆メリットA軽量で運びやすい

 

一般的なキャットタワーは、木質ボードや木材を使用しているのである程度の重さがあり、組み立てた状態で移動させようとするとなかなか大変です。
それに比べて段ボール素材は軽量で、商品によっては組み立てたままの状態でもひとりで持ち上げることもできます。

 

◆メリットB資源ゴミとして簡単に処分できる

 

一般的なキャットタワーの場合、部品が大きかったり、燃えるゴミと燃えないゴミが混在していたりするため、処分する際に時間や手間がかかることがあります。
段ボール製キャットタワー・ハウスの場合は、不要になった際は通常の段ボールと同様にたたんで、資源ごみとして簡単に処分することができます。

 

◆メリットCリサイクルできて環境にやさしい

 

段ボール製キャットタワー・ハウスは資源ごみとして回収されるので、再生素材として生まれ変わることができます。環境を守りながら手放すことができ、SDGsといった観点でも優秀です。

 

段ボール製キャットタワー・ハウスのデメリット

 

◆デメリット@汚れや水濡れには弱い

 

段ボール素材のため、通常のキャットタワーよりも汚れがついた際に跡がつきやすく、水濡れにも弱いので濡らして掃除することは厳禁です。お手入れの際は、乾いた布などで汚れや抜け毛を拭く程度になります。

 

◆デメリットA保証がない場合が多い

 

通常のキャットタワーは、商品が壊れた際の保証期間が用意されている場合が多いでしょう。
しかし、段ボール製の商品は段ボールという素材の性質上、部品に不足がある・部品が壊れて届いたなどの初期不良を除き、保証はついていない場合が多いです。

 

段ボール製キャットタワー・ハウスを選ぶポイント

 

段ボール製キャットタワー・ハウスを選ぶ際は、猫が安全に使用できるよう、下記のようなことに注意するようにしましょう。

 

◆強度のある段ボール素材を選ぶ

 

段ボール素材には、厚みや密度など様々なタイプがあります。猫が使う段ボール製キャットタワー・ハウスの場合は、猫が飛び乗ったり、複数頭数で使ったりと、衝撃や重さがかかるので、ある程度の強度があるものが好ましいです。

 

Mauで販売している段ボール製キャットタワー・ハウスの場合、3層構造の「強化段ボール」という素材を使用しています。木材と同等の強さを持ち合わせている丈夫な素材で、耐荷重も1天面あたり20kg程度と十分な強度があります。

 

◆段ボール素材の噛み癖がある場合は使用を避ける

 

猫の中には、段ボール素材が好きで噛んだり舐めたりするタイプの子もいます。ストレスの発散や噛み心地がよくて噛むことがあるようですが、猫は段ボールを体内で消化することができないので、食べてしまった段ボールが詰まって病気になる恐れがあります。

 

軽く噛むだけなら心配ありませんが、ご使用予定の猫ちゃんが段ボール素材を噛みちぎって誤飲する可能性がある場合は、段ボール製のキャットタワーやハウスの使用は避けた方がよいでしょう。



シェア案内